広告を掲載しています>>問い合わせ

【2/29(月)まで】
最大31000円OFFクーポン配信中!!

【シルフィーの背もたれ】メッシュかクッションどっちがおすすめ? オカムラ/オフィスチェア

オカムラのオフィスチェア「シルフィー」の背もたれの素材について、メッシュとクッションの違いを比較解説していきます。
後悔しないオフィスチェア選びができるようぜひ参考にしてください!

私は、背もたれはメッシュタイプをおすすめします!
どちらもメリット・デメリットがあるので詳しく見ていきましょう。

シルフィーのメッシュ背もたれは通気性と価格がポイント

シルフィーのメッシュ背もたれは通気性が良い反面、価格が気になります。

※シルフィーの座面はクッションタイプのみとなっていて、メッシュ座面はありません。

シルフィー メッシュタイプのメリット

  • 通気性が良い
  • 軽快なデザイン
  • メッシュ独自のフィット感

通気性が最大のメリット

通気性が良いのがメッシュタイプ最大のメリットです。
長時間座っても背中が蒸れることなく快適に過ごせます。

また、メッシュ背もたれはもたれたときに独自の沈み込みとフィット感があるので好みで選ぶのも良いでしょう。

クッション背もたれはエアコンをつけてても背中に熱がこもります。
つらいです。

バックカーブアジャストで通気性が活きる

シルフィーは「バックカーブアジャスト」という背もたれの湾曲を体に合わせて調整できるという機能があります。

シルフィー バックカーブアジャスト機構 オカムラのオフィスチェア
出典:株式会社オカムラ
体型に合わせて背もたれ形状を変更できる

誰が座っても背もたれがフィットしやすくなっていますが、クッションタイプの背もたれの場合「ムレ感」が強くなってしまいます。
通気性の良いメッシュ背もたれであれば、バックカーブアジャストを最大限活用できます。

バックカーブアジャストでカーブを狭くしたときに、メッシュ背もたれのほうが、よりフィット感が強くなります。

人によると思いますが、クッションタイプのバックカーブアジャストはあまり違いを感じられません。

シルフィー メッシュタイプのデメリット

  • クッションと比較して耐久性が低い
  • 安定性に欠ける
  • 価格が高くなる

メッシュの耐久性が不安

メッシュ生地はクッションタイプと比較すると耐久性が劣ります。
もちろん、オカムラのオフィスチェアなので丈夫ではありますが、耐久性が気になるのであればクッションタイプも検討しましょう。

オフィスチェアは何年も使うものです。
5年後、10年後、メッシュ生地は繰り返す摩耗で破れて座れなくなっているかもしれません。

安定性はランバーサポートでカバーできる

メッシュの背もたれはクッション背もたれと比較して安定性に欠けます。
もたれたときのサポート感はクッションタイプほど感じられないでしょう。

このようなメッシュタイプのデメリットをカバーするために、シルフィーのメッシュタイプは追加オプションでランバーサポートを選択できます。

シルフィー ランバーサポート オカムラのオフィスチェア
出典:株式会社オカムラ

シルフィーのランバーサポートは、プラスチック製ですが2020年に改良され、硬すぎない素材に変更されています。
痛いこともなく、サポート感もあるランバーサポートで位置調整もできるので優秀です。

クッションタイプの場合はクッション形状でサポートできているため、ランバーサポートオプションは選択できません。

ランバーサポートは後付けも可能です。

メッシュ背もたれを選ぶと6000円高くなる

クッションとメッシュの背もたれでは価格も違います。
メッシュタイプを選択すると安くても1500円ほど価格が高くなります。

前述の通り、メッシュ背もたれの場合は腰部の安定性強化のためにランバーサポートが必要です。
メッシュ+ランバーサポートを選択するとクッション背もたれと比較して6000円ほど価格が高くなります。

価格は高くなりますが、オフィスチェアのカスタマイズとしては非常に安いので、通気性を重視する人にはコスパは良いです。

価格は高くなりますが、メッシュ背もたれを選ぶならランバーサポート付きがおすすめです。

シルフィーのクッション背もたれはサポート性とムレ感がポイント

シルフィーのクッション背もたれは、姿勢の維持をしっかりサポートしてくれますが、やはり背中の蒸れが気になります。

シルフィー クッションタイプのメリット

  • しっかりとサポートしてくれる
  • デザインがシンプルで統一感もある
  • メッシュと比較して耐久性が高い
  • 価格が安い

クッション背もたれのメリットは体をしっかりサポートしてくれることです。
正しい姿勢をキープしやすくなります。

シルフィーの座面はクッションタイプのみなので、クッション背もたれの方がデザインの統一感はあります。

見た目はクッション背もたれのほうが好きです。

前述の通り、メッシュのような耐久性の不安もなく、価格も少し安くなります。

シルフィー クッションタイプのデメリット

  • 通気性が悪い

クッションタイプのデメリットは通気性が悪いこと。この1点に尽きます。

通気性が気になる人はメッシュタイプにしましょう。
背中が蒸れて背もたれを使わなくなると、姿勢が悪くなる原因にもなるので通気性は重要です。

シルフィーのメッシュとクッションの違いまとめ 結局どっちが良い?

シルフィーのメッシュ背もたれとクッション背もたれの大きな違いは2つです。

  • 通気性の違い
  • サポート感の違い

1年中座るのがオフィスチェアなので、通気性が良く夏も快適に使えるメッシュ背もたれのシルフィーチェアをおすすめします。
サポート感が若干弱いメッシュ背もたれは優秀なランバーサポートで補強できます。

通気性が気にならない人には、デザインに統一感があって価格が安いクッション背もたれのシルフィーチェアを選びましょう。

シルフィーを安く買う方法

オカムラのオフィスチェア「シルフィー」は、kagg.jp での購入を強くおすすめします。
理由は3つです。

    • 最安値で購入できる

    • 送料、組立設置、不用チェア引取が無料

    • カスタマイズやオプションを自由に選べる

kagg.jpは、送料無料と最安値保証が特徴のオフィス家具専門通販サイトです。
法人でも個人でも同等のサービスを受けられるため、誰でも使えます。

kagg.jpでシルフィーをみる >>

3サイトでシルフィーの価格比較をした結果

有名オフィスチェアは、基本的にはAmazonや楽天市場で安く買うことができます。
3サイトのシルフィーの価格比較をしました。

サイト kagg.jp Amazon 楽天市場
税込価格 88,550円
100,540円 100,540円
送料 無料 無料 無料
ポイント なし 1% 1~16%
サービス 組立設置無料
不要チェア回収無料
組立設置2200円 組立設置無料
納期 1週間 2日 1週間
ハイバック・可動肘で比較

結果、kagg.jpは12,000円ほど安いです。

上記kagg.jpの価格は会員価格です。
特にシルフィーは、会員割引きで大幅値引きされるので最安値で購入できます。

楽天ヘビーユーザーはポイントやクーポンで最安値になります。
早く欲しいならamazonですね。

kagg.jpでシルフィーをみる >>

シルフィーを中古で安く買う方法

中古オフィスチェアを探すなら、楽天市場がおすすめです。

    • 各中古オフィスチェア販売店の商品をまとめて見られる

    • 「送料無料」などの絞り込みで探しやすい

    • 新品と並べて比較しやすい

    • ポイントが付与される

上記のようにメリットが多いので、ぜひ探してみてください。

楽天市場で中古のシルフィーを探す >>

タイトルとURLをコピーしました