オフィスチェア

事務椅子のガスシリンダーの寿命【オフィスチェア ゲーミングチェア】

チェアのガスシリンダー

事務椅子(オフィスチェア)やゲーミングチェアに標準装備されている座面昇降のためのガスシリンダーはどのくらいの期間持つのか?寿命はどれくらいなのかを説明します。

シリンダーには「ガス圧式」「油圧式」「機械式」など種類がありますが、近年製造されているチェアはほとんどがガス圧式です。
ネットの情報では、ガス圧式と油圧式を混同しているものもあるため注意しましょう。

チェアのガスシリンダーの寿命は3~10年

チェアのガスシリンダー部分の寿命は1日8時間の使用で3~10年と言われています。
使用時間や使い方にもよりますが、荒々しい使い方をしていると寿命が短くなってしまいます。
正しく使えば5~8年は持つものがほとんどなので、大切につかいましょう。

また、アマゾンや楽天市場などのネット通販で上位にランクインしている格安チェアについては、どのパーツも半年~1年程度が寿命のようです。

標準使用期間は8年と決まっている

オフィスメーカーの販売しているオフィスチェアの場合には「JOIFA標準使用期間」というものが定められていて、この期間はたいてい8年間となっています。
つまり、オフィスチェアであれば通常は8年程度重大な破損なく使用できるということです。

チェアのガスシリンダーを長持ちさせる方法

ガスシリンダーが長持ちする方法は以下の2点です。

  • 姿勢を良くして正しい座り方をする。
  • 勢いをつけて座らないこと。

チェアに座るときに、正しい姿勢をとることで、体圧が分散され、チェアに掛かる負担が少なくなります。例えば、チェアに浅く座ったり、体を横に傾けてアームに肘をついたりするような姿勢を長く続けると重心がかたより、チェアに負担がかかります。
これは、ガスシリンダー以外のパーツにも負担がかかるので、長持ちさせたいのであれば姿勢を変えるのは気分転換程度にしておきましょう。

また、勢いよく座るとチェアのシリンダー部分から「ボフッ」という音が鳴り、ガスが抜け、シリンダーが機能しなくなることもあります。

チェアのガスシリンダーが寿命を迎えたら修理できる?

チェアの座面が上がらないなど座面昇降機能が寿命を迎えたら修理が可能です。
修理方法を別ページで解説しているので良ければ参考にしてみてください。

コメント コメントは承認完了後に表示されます。

タイトルとURLをコピーしました